文化機関・博物館・歴史公園

奈良文化財研究所 飛鳥資料館

飛鳥における珠玉の文化遺産を総合展示 飛鳥資料館は、古代国家誕生の地である「飛鳥」の歴史と文化を紹介する資料館です。飛鳥では、592年に推古天皇が豊浦宮に即位してから、694年に藤原京に遷都するまでの約100年間、何代もの天皇の宮が営まれ、首都として繁栄しました。同資料館は、文化財の調査・研究機関で...

奈良文化財研究所 藤原京資料室

「藤原宮と京」に関する成果を公開 奈良文化財研究所 都城発掘調査部(飛鳥・藤原地区)では、調査・研究の成果の一端を一般公開する施設として「藤原京資料室」を構内に設けています。同調査部は、宮・京・寺院・古墳墓などの飛鳥・藤原地城の遺跡の発掘や整備を行い、出土した遺物の調査や保存整理を行う研究機関です。...

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

目で見る日本の歴史「大和の考古学」 橿原考古学研究所附属博物館は、奈良県立橿原考古学研究所が1938年以降、実施してきた発掘調査の出土品を中心に展示を行う、考古学の専門博物館です。常設展「大和の考古学」は、日本考古学の基準資料を元にした「目で見る日本の歴史」そのものです。春秋2回の特別展をはじめ、発...

奈良県立万葉文化館

1300年前の『万葉集』の世界を再現するミュージアム 「いにしえから 現代へ伝えたい 万葉の世界の扉」を謳う、奈良県立万葉文化館は、1300年の時を超えて、万葉の世界に誘ってくれるミュージアムです。奈良県明日香村飛鳥に所在し、敷地内には、日本最初の官営工房であった飛鳥池工房遺跡があります。 奈良時代...

平城宮跡歴史公園

天平文化の花ひらく平城宮を再現 唐の長安を模して造られた平城京は、シルクロード最東の都であり、盛唐時代( 713 - 765年)の文化の粋を接収した、国際色豊かな天平文化を象徴しています。「青丹によし 奈良の都は 咲く花の にほうがごとく 今盛りなり」(万葉集巻三328)と歌われた栄華の一端を、現代...