デジタルシルクロードミュージアムが発信する「メディア=アート+メッセージ」

東大寺 大仏蓮弁の線刻 蓮華蔵世界図 国宝 8世紀 (撮影協力:東大寺 Photo by Miro Ito)

シルクロード「光と希望のみち」を求めて

東西に共通する哲学では、一瞬が永遠を孕み、一つの塵の中にも宇宙があるといわれます。一つの宇宙はさらなる大きな宇宙に含まれ、「一はすべてであり、すべては一である」ならば、極微から極大まで、私たちは「皆一つ」といえるのではないでしょうか。東西の美と叡智が交流した道を「光と希望のみち」として位置付け、そこから「すべては一つ」という一体性のヴィジョンを、未来への指標として示していくのが、デジタルシルクロードミュージアムの目的です。

こうしたヒントを、シルクロードから1500年前に日本に伝来し、今も残されているユーラシアの芸術の伝統から、焙り出していきたいというのが、私たちのメッセージに他なりません。

東大寺伎楽面 酔胡従 重要文化財 8世紀 (撮影協力:東大寺 Photo by Miro Ito)

寛容と連帯を育む土壌を探る

日本の1400年前の都・奈良は、シルクロード東の終着点でした。西の終点であるローマと奈良をつなぐ架け橋があるとしたら、それは古代ギリシア文化の影響を受けて作られた彫刻芸術に見出すことができます。また「シルクロードの十字路」といわれるウズベキスタンと奈良をつなぐのは、ソグド人の王や従者を表す伎楽面です。

シルクロードを貫く東西の交流と融合の歴史には、ヨーロッパとアジア、アラブ世界を一つに結ぶヒントが秘められています。古代ギリシア発祥の彫刻や仮面などの文化遺産を通して、民族や宗教、哲学や芸術、民俗が行き交った、知られざる交流史を辿りながら、今日の時代において、寛容と連帯を育む土壌を見出していきたいと思います。

ファヤズテパ出土の釈迦三尊像 1世紀 (撮影協力:ウズベキスタン国立歴史博物館  Photo by Miro Ito)

真理の探究が生んだ「叡智の道」

古代のギリシア文化がオリエント全域に広がった結果、悟りをひらいた仏陀の像がギリシア的な風貌で、紀元1世紀頃からガンダーラ(およびマトゥーラ)で作られはじめました。

同時期にグレコバクトリア地方(現在の南ウズベキスタン、アフガニスタン北部)にも、中央アジア最高傑作とされる釈迦三尊像が現れます。それらがシルクロードを経て、奈良まで伝来した道は、ユーラシア大陸のさまざまな古今東西の真理の探求の蓄積と仏陀の教えが出合った「叡智(ソフィア)の道」と呼びうるかもしれません。

東大寺盧舎那仏 国宝 8世紀(修復12・16-17世紀) (撮影協力:東大寺 Photo by Miro Ito)

宇宙のすべての関わりの図像化

「宇宙の一切が関わり合っている」とする華厳思想を体現させた盧舎那仏は、釈迦 (紀元前556〜468年頃に生誕)自身の「仏陀=悟れる者」の姿を表すものです。人を象った像の起源は、釈迦入滅後に、ギリシアからインドに至る、アレクサンダー大王の東方遠征 (紀元前334〜323年)を契機としています。

宗教の分離と衝突、さまざまな紛争が絶えない中で、私たちが古代からともに培ってきた共通の文化遺産を、盧舎那大仏や釈迦三尊像などの彫刻群、仮面や装飾・文様などを例とする、ユーラシアの至宝を通して「見える化」させることは、世界の人々の心の連帯と互いへの尊重、寛容の心を促す一助となりうると信じています。

※世界巡回写真展「光と希望のみち(Road of Light and Hope)」の序文より。2016年より世界10カ国11都市12箇所を巡回中。

(Text by Miro Ito)