日本最初の厄除寺 岡寺

岡寺は、663年天智天皇の勅願によって、義淵僧正が建立したと伝えられています。天武天皇の皇子、草壁の皇子とともに養育され、皇太子の死後、住まいであった岡宮に、岡寺が建てられました。

岡寺如意輪観音坐像 重要文化財 奈良時代 8世紀(撮影協力:岡寺 Photo by Miro Ito)

シルクロードの面影 塑造 如意輪観音坐像

如意輪観音(Cintāmaṇicakra、チンターマニチャクラ)信仰が日本に伝来したのは8世紀頃(奈良時代)といわれます。頭頂に宝荘厳があしらわれ、浄土の荘厳(しょうごん)を明らかに見るかのような思惟の面相で表されています。意のままに宝財を施し、生きとし生けるものを救済する菩薩とされています。

岡寺の如意輪観音坐像は、塑像(土でできた仏像)としては日本最大で、日本三大仏の一つとされています。日本三大仏とは、「銅像」の東大寺盧舎那仏坐像(国宝・像高約15m)、「木像」の長谷寺 十一面観世音菩薩立像(重要文化財・像高約10m)、「塑像」の岡寺如意輪観音菩薩坐像とされています。(1)
岡寺の如意輪観音菩薩は、高さ4.85mで、重要文化財に指定されています。
註—(1)岡寺Webサイトより

岡寺如意輪観音坐像の結跏趺坐(部分) 重要文化財 奈良時代 8世紀(撮影協力:岡寺 Photo by Miro Ito)
岡寺如意輪観音坐像の施無畏印(部分)

如意輪観音坐像の初期の形

如意輪観音像の古い形は、寺伝では「如意輪観音」とされる中宮寺・国宝半跏思惟像(7世紀)のように、二臂(にひ・二本の腕)で半跏趺坐(はんかふざ)の姿であったといわれています。

二臂の姿は大変珍しく、西国三十三所観音霊場においても、岡寺と第十三番札所石山寺の本尊だけが、古式を留めています。

時代を下った8世紀作の岡寺観音像は、同時代の東大寺の盧舎那仏(大仏)や釈迦如来と同様、結跏趺坐(けっかふざ)の形象が取られています。

右手は施無畏印(せむいいん)、左手は与願印(よがんいん)を結んでいます。

如意輪観音像は、9世紀の密教伝来とともに、六臂(ろっぴ・六本の手)で如意宝珠と法輪を持ち、片膝を立てた姿に変化していきました。

岡寺本堂を「新緑のトンネル」越しに見下ろす(Photo by Miro Ito)
岡寺境内 本堂前にある龍蓋池(Photo by Miro Ito)

正式名称は「龍蓋寺」

岡寺は、6世紀末から7世紀末まで約100年間、日本の都が置かれた飛鳥の岡の地に位置し、古来、正式名称は『東光山 真珠院 龍蓋寺』でした。

正式名である「龍蓋寺」は、飛鳥の地を荒らし農民を苦しめていた「悪龍」を、開山の師である義淵僧正が大きな石で「蓋」をして池に封じ込め、改心をさせた伝説に由来します。

日本最初のやくよけ霊場であり、西国三十三所観音霊場の第七番札所として、も知られています。

現在は真言宗豊山派に属していますが、創建当初より江戸時代までは、開山の義淵僧正が法相宗の祖であったことから、法相宗興福寺の末寺であり、興福寺から別当(住職)を選出していました。

江戸時代に長谷寺第32代化主(住職)法住が岡寺に入山して中興第一世となって以来、長谷寺の末寺となり、今日に至っています。

(※参考:岡寺WEBサイト)

岡寺案内
名称 岡寺
所在地 634-0111 高市郡明日香村岡806
TEL/FAX 0744-54-2007 / 0744-54-3731
URL http://www.okadera3307.com/
宗派 真言宗豊山派
拝観時間 8:30~17:00 (12月~2月 8:3016:30)
拝観料 入山料:大人・大学生400円、高校生300円、中学生200円、小学生以下…無料
障がい者割引(障がい者手帳要。介護者を除く):大人・大学生200
団体割引(50名以上):大人・大学生320円・高校生240円・中学生…160
※12月31日21:00~1月1日2:00/1月1日~3日 入山料無料
※境内においては、三脚もしくはそれらに準じたものを使用してのカメラ撮影は固く禁じられています。
【バリアフリー情報】
 スロープ・車椅子貸出:無
 多目的トイレ:仁王門入ってすぐ横の公衆トイレ内に設置

(※出典:奈良県観光公式サイト)

(※「岡寺」についてのテキストならびに写真は、2022年10月30日奈良県 万葉文化館でのMIRO ITO講演「はじまりの聖地  大和四寺物語〜花・仏像・行事めぐり」をまとめ直したものです。)